不動産屋の値引き交渉するときのコツ

月々支払う家賃が少しでも安くなれば、生活はとても楽になります。

家賃の値引き交渉を行うには不動産屋との駆け引きが必要ですが、ただやみくもに交渉しても上手くいくものではありません。

値引き交渉では時期がとても重要です。

物件が多く出回って決まるのも早い時期は不動産屋も強気でいることが多いので、 値引き交渉をしても上手くいきません。

しかし、探している人が少ない時期になってくると、良い物件が出ても長期間決まらないことがあります。

不動産屋は長期間空けたくないと考えますので、少しくらい安くしてもすぐに入ってもらった方が得だと考えます。

ただでさえ今の時代は空き部屋が多いと言われていますので、空いている期間が長くなればなるほど不利になります。

賃料の値引きはタイミングと相手の考え方次第で難しいケースも多いのですが、 初期費用なら比較的下げてくれることが多いようです。

家賃の交渉が失敗した場合でも、諦めずに初期費用の部分を下げてもらえないかを聞いてみることが大切です。

なぜ初期費用の方が値引きがされやすいのかというと、家賃とは違って1回だけのことだからです。

家賃を下げてしまうと物件の価値自体が下がってしまいますので、万が一売却しなければならなくなった時に安くなってしまうのです。

その点、初期費用ならその時だけのことですから、比較的簡単に下げてもらうことができます。

また、仲介手数料も下げてもらいやすい部分ですので、交渉時にはこの辺りを考えておくようにします。