不動産屋の上手な断り方とは

何事でも断る時には気を使いますが、不動産屋のような仕事では断られることが日常茶飯事ですのでそれほど気にしなくても大丈夫です。

ただし、性格的にどうしても断ることが難しいというケースもありますので、そのような人は上手な断り方をマスターしておくと安心です。

断り方として必ず押さえておかなければならないのは、自分のために動いてもらって感謝をしているという気持ちを伝えることです。

不動産屋も仕事とはいえ、その人に合う物件を一生懸命探すわけですから、それに対して感謝を伝えなければなりません。

どのような断り方をするにしても、この感謝という気持ちをなくしては誠意を示すことができません。

また、どうしても都合が悪いという部分を素直に述べることも重要です。

生活に支障がきたすなどの理由があれば、不動産屋も納得するものです。

元々条件として挙げていた部分がクリアされていなければ、断りやすくなります。 他に条件にぴったりの物件が見つかったというのも良い手です。

理想的な部屋が見つかったので、そこに決めたいと伝えれば、それ以上他の物件を紹介されることもありません。

部屋を探す時にはできるだけ細かく条件を伝えて、不動産屋と密に連絡を取ることが大切だと言われています。

しかし、どんなに良くしてくれても契約したいと思える部屋が見つかるとは限りませんので、 気に入っている不動産屋で契約できないこともあります。

重要なのは妥協しないで良い物件を探すことだということを忘れてはいけません。