不動産屋と仲介業者の違いって?

不動産屋と仲介業者の区別がついていない人も多いのですが、実は全く異なる仕事をしています。

賃貸住宅は大家さんの持ち物であり、家賃は大家さんにおさめます。

大家さん側から見ると空いている部屋があると大きな損失になるのですが、自分で営業をしようとしても大変非効率です。

そこで、部屋探しをしている人たちが集まる不動産屋に依頼をすることになります。

物件を持っている大家さんは複数の賃貸物件を所有していることもあります。

この場合、管理がとても難しくなりますので、管理会社を利用します。

これらの仕組みを踏まえた上で、不動産屋と仲介業者の違いを考えていきます。

基本的には仲介業者は貸主と借主を結び付けることで収益をあげます。

具体的には、入居希望者に物件を案内したり、契約する際に重要事項の説明をしたりします。

簡単に説明するならば、入居するまでの業務を請け負っているのが仲介業者です。

それに対し、不動産屋はマンションの清掃や管理、家賃や共益費の取り立てなどを行って収益をあげます。

これらが大きな違いであり、収益の方法が根本的に異なります。

具体的には、オーナーの代わりに家賃の受け取りや敷金の返還等、管理業務を行います。

部屋の欠陥や水漏れなどのトラブルが発生した場合、不動産屋に報告した方が早く解決します。

業務の範囲、収益をあげる方法において明確な違いがある両者ですが、混同している人も少なくありません。

万が一のトラブルの際には管理の委託先を確認しておくとスムーズです。