怪しい不動産屋の見分け方について

不動産売買では動く金額も大きくなりますので、トラブルにならないように細心の注意を払わなければなりません。

中にはせっかく購入した土地や建物が、予定していた用途に使用できないといった事態に見舞われる人もいますので、 そのような事態を防ぐためにも慎重に行動する必要があります。

気をつけなければならないのは、法律に詳しくない売主や買主を相手に怪しい商売をする不動産屋がいるということです。

見分け方を知っておけば、悪徳不動産屋からの被害を防ぐことができます。

もっとも悪質な不動産屋は、宅地建物取引主任者を配置していないケースです。

重要事項の説明は資格者しか行えないのですが、怪しい不動産屋では無資格の人に行わせることがありますので、 見分け方として覚えておかなければなりません。

きちんと免許を持っていても怪しい業者もいます。

手付金や代金を不当に返還しない、 ローンの審査が通らなければ契約は無効になる特約がついているケースでわざとローンの通らなそうな人に契約をさせて手付金を返還しないなどといった事例が発生しています。

売買の仲介では仲介手数料以外の費用は請求できないことになっているのですが、コンサルティングなどの名目で法律で定められている手数料の上限を超えた額を請求してくるケースもあります。

このような悪徳業者がいる限り、被害に遭わないように自分で気をつけるしかありません。

見分け方を知っておけば、良い判断材料になります。